MENU

第三次世界大戦RTS「WARNO」の戦場や兵器がリアルすぎてヤバい件

Sponsored Links

Source WARNO on Steam

親愛なる読者諸君!

オタクパパだ!

 

前回の記事でフランスのゲーム制作会社Eugen Systemsから

第三次世界大戦

バトルシミュレーター

「WARNO」

が1月20日にリリースされるというニュースを紹介した。

[st-card id=20639 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

その直後、SteamのページにてWARNOのストアページが公開された。

 

ストアページ冒頭のスクリーンショットでWARNOのゲーム画像が公開されているので、今回はそれらの画像に基づいて、Wargameシリーズ(以下、単にWGともいう)との違い、すなわち、

WARNOの戦場や兵器が

前作からどれだけ

変化(進化)したか?

そのクオリティの高さを紹介してみたい。

WARNOの戦場や兵器はここまで変化した!

WARNOのマップは、WGよりも格段に広大だ!!

まず、WARNOのスクリーンショット画像で特に印象的な点は、

WGよりも格段に

広大なマップ

であるという点だ。

 

下の画像を見てほしい。

Source WARNO on Steam

街のスケールの大きさといい、前作のSteel Division2(以下、単にSD2ともいう)よりもはるかに広大なマップだ。

 

マップの向こう側が靄でかすんで見えるというのは、SD2にもなかった特徴だ。

 

また、見る人によっては、実写の光景のように見えるかもしれない。

 

マップのスケールとしては、少なくとも

10km四方の広さ

はあるのではないだろうか?

 

これだけマップが広いと、

ジェット機同士の

ドッグファイトも

十分に堪能できる

かもしれない。

 

下は、石油コンビナートの画像だ。

Source WARNO on Steam

一体何個の石油タンク

があるんだよ!?

ここまでガチな工場地帯のマップは、WGでも見かけなかった。

 

また、どこまでも果てしなく続くヨーロッパの森林地帯もリアルに再現されている。

Source WARNO on Steam

この木々の一本一本を

全部作ったのかよ!?

一体どこまで続くんだ?

と思わず途方に暮れてしまうようなマップの広さだ。

雲や草原の描写が実写そのもので素晴らしい

WARNOは、空に浮かぶ雲や草原の描写が実写かと思ってしまうほど美しい。

 

下の画像を見てほしい!

Source WARNO on Steam

ところどころに花が咲いている草原にたたずむヘリの情景は、思わず息を飲んでしまうような美しさだ。

車両の汚れのディテールが凄い!

また、WARNOは、汚れのディテールの素晴らしい。

 

例えば、下の装甲車の画像を見てほしい。

Source WARNO on Steam

下の画像は、上の画像の一部を拡大したものだ。

Source WARNO on Steam

車体前面に

泥がはねた汚れ

や、

ワイヤの錆び加減

が実にリアルではないだろうか?

 

プラモデルを作ったことのある人なら、この汚しのテクニックが半端でないことが分かるだろう。

 

下の戦闘機の画像も見てほしい。

Source WARNO on Steam

戦闘機の機体の破損が実にリアルに表現されているのだ!

Source WARNO on Steam

次に、下の画像を見てほしい。

Source WARNO on Steam

自走砲の砲撃シーンだが、この画像も細かく見ると、車体のリアルなサビ具合やキャタピラのたるみなどが目に付く。

Source WARNO on Steam

WGシリーズでは、兵器が新品のオモチャのようだったが、WARNOでは、兵器が経年劣化で錆び付き、車体のところどころに擦り傷が付いていて、実にリアルなのだ!

(↓)この戦車の装甲の金属感がたまらない!!

Source WARNO on Steam

WARNOには天候要素もある!?

次に、下の画像を見てほしい。

Source WARNO on Steam

ジェット機が2機飛んでいるが、薄暗い背景のところどころに、白い斑点があるのがわかるだろうか?

Source WARNO on Steam

そう! これは

雪が舞っている

のだ!!

 

ひょっとすると、WARNOでは、雨や雪などの天候要素を含むマップも実装されるかもしれない。

その他の画像について

(↓)爆発のエフェクトが美しいまでに凄まじい画像

Source WARNO on Steam

(↓)平屋しかなかったWGと比べ、WARNOには高層建築物も登場する

Source WARNO on Steam

(↓)機関砲の発砲とともに、多量の薬莢が排出される!

Source WARNO on Steam

以上、Steamで公開されているゲーム画像に基づき、WARNOの戦場や兵器が前作からどれだけ変化(進化)したか、そのクオリティの高さを紹介した。

 

私個人としては、WARNOは、いま一番期待度の高い現代戦テーマのRTSとして、1月のアーリーアクセスがとても待ち遠しいゲームといえる。

 

興味をもたれた方は、ぜひSteamのWARNOのストアページをチェックしてほしい。

 

オタクパパより愛を込めて!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

重度のコミュ障のため、友達ゼロのオタク親父。初音ミクと魔法少女をこよなく愛する。

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください