Amazonの中国人サクラのやらせレビューを3秒で見分ける方法【Fakespot】

シェアする(SHARE)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク(Sponsored link)

親愛なる読者諸君!

オタクパパだ!

前回、中国メーカーがAmazonの日本市場を浸食しつつある実態と、中国のサクラ業者によるやらせレビューの巧妙な手口について紹介した。

ところで、このようなAmazonにおける中国人のやらせレビューを見分ける方法として、 雑誌などでさまざまなテクニックが公開されている。

(↓)「家電批評」の2018年2月号には、「トップレビュアー激白!やらせレビューの全真相」という特集が組まれた。やらせレビューを見分けるための有用なテクニックがたくさん書かれているのでお勧めだ。

例えば、

レビュアーの氏名が

フルネームの日本名なら

やらせレビュー

という見分け方があるが、ここ最近は、フルネームの日本名ではなく、ペンネームを使っている中国人のサクラレビュアーも増えている

厄介なことに、彼ら中国人のサクラ業者は日本語も普通に読めるため、雑誌などでとりあげられたやらせレビューの見分け方を逆手にとった新たな対抗策を日々研究しているのだ。

中国四千年の歴史

をなめてはいけない!

中国人のサクラ業者に小手先のテクニックが通用しない以上、面倒ではあるが、1つ1つのレビューを吟味して、サクラのやらせレビューか否かを見分けるのが、やらせレビューに騙されないための一番の方法といえるだろう。

「そんなこといっても

 1つ1つのレビューを

 いちいち吟味している

 時間も手間もないんだよ!」

「ただでさえ忙しいのに

 何でそんな面倒なこと

 しなくちゃいけないの?」

日々の生活が忙しく、1つ1つのレビューを逐一検討している時間も手間もないのが、ほとんどの人の素直な気持ちだろう。

だからこそ、「おすすめ家電製品10選!」などというアフィリエイト記事がネット上で量産されるのだともいえる。

また、

「いっそのこと

 レビューの中身を全く見ずに

 やらせかどうか一発で

 見分ける方法はないの?」

という、虫のいいことを考える人もいるかもしれない。

レビューの中身を全く見ずに、やらせレビューかどうかを見分ける方法?

そんな虫のいい話

あるわけねーだろ!

・・・と、いいたいところだが、結論からいえば、

レビューの中身を

全く見ることなく

やらせレビューか否かを

一発で見分ける方法は

ある!

な、なんだってー!

というわけで、今回は、

Amazonの中国人

やらせレビューを

3秒で見分ける方法

について紹介したい。

スポンサーリンク(Sponsored link)

最強のやらせレビューチェッカー「Fakespot」とは

ご存じの方も多いかもしれないが、Amazon発祥の地アメリカでは、日本以上にやらせレビューが社会問題化している。

そのため、やらせレビューを手軽に見分けるためのツールとして、さまざまな

やらせレビューチェッカー

が開発されている。

ここでは、Amazonのやらせレビューチェッカーとして定評の高い

Fakespot(*注1)

を紹介しよう。

(*注1)

「Fakespot」という言葉は、

「Fake(ウソ)」+「spot(見分ける、見抜く)」

と分解できることからも分かるように、「Fakespot」は、Amazonのレビューにどれだけ「ウソ」があるか否かを分析して判定するツールだ。

ここで、

「海外のツールって

 英語だらけで

 なんだか難しそう」

と思われる人もいるかもしれないが、その点は心配無用だ。

使い方はとても簡単!

下のFakespotのサイトにアクセスして、怪しそうなAmazonの製品のURLをコピペして「ANALYZE」ボタンを押すだけだ。

Fakespot spots, analyzes and identifies fake reviews - helping you out when buying stuff online.

論より証拠!

実際の商品を例に、Fakespotの使い方を説明しよう。

検証対象の商品例

ここでは、以下の某中国メーカーのオーディオ関連機器にFakespotを使って検証する。

以下はその商品ページだ。

この商品のレビューの分布は、以下の通りだ。

2018年5月28日の時点で、204件ものレビューがあり、その86%が最高評価の星5つという驚異的な結果だ。

この商品のAmazon.co.jpでの取り扱い開始日が2018年3月22日であることを考えれば、わずか2ヶ月ちょっとで200件以上ものレビューを集めたことになる。

しかも、価格は1,299円

トップレビューに「値段以上のコストパフォーマンス」とあるように、これだけの高評価でこの値段なら、通常であれば、間違いなく買いと思われるだろう。

また、日本風のメーカー名と、下の欧米人のモデルの画像から、中国の怪しいメーカーではなく、日本のメーカーと勘違いしてしまう人も多いかもしれない。

そう!

それこそがまさしく、彼ら中国メーカーの思惑なのだ!

このように、Amazonの中国メーカーの商品は、一見して中国製と分からないことが多いので油断がならない。

これらの情報を総合した結果、この商品を思わずポチってしまう人も多いのではないだろうか?

そうなったら最後、あなたはやらせレビューに騙された哀れな犠牲者の一人となるのだ!

Fakespotの使い方

それでは、実際に上の商品を例に、Fakespotの具体的な使い方を解説しよう。

なお、Fakespotは、アメリカの「Amazon.com」に対応製品がある場合のみに有効なので注意してほしい。

だが、大抵の場合、中国メーカーはグローバルにステマ行為を行っており、日本の「Amazon.co.jp」への進出前に「Amazon.com」にも同じ商品を展開していることが多いので、中国メーカーのやらせレビューのチェックには十分に有効だ。

さて、Fakespotの具体的な使い方だが、アメリカのAmazon.comのページにアクセスし、検索欄にメーカー名を入力する。

次に、検索で出てきた商品の中から、該当の商品を選択する。

次に、該当する商品ページのURLをコピーする。

次に、Fakespotのページにアクセスする。

Fakespot spots, analyzes and identifies fake reviews - helping you out when buying stuff online.

すると、次のようなページが現れる。

このページに示されているように、Fakespotでは、15億以上ものAmazonのレビューが分析済みであるため、大抵の商品について調査可能だ。

ここで、先ほどコピーしたURLを空欄に貼り付けた後、右側の「ANALYZE」をクリックする。

以上で終わりだ。

Amazon.comで対応商品のURLをコピーした後、Fakespotに貼り付けて「Analyze」をクリックするだけ

この方法は、慣れれば

わずか3秒

やらせレビューを

見分けることが可能

だ!

大変有用な方法なので、ぜひ活用してほしい。

Fakespotの判定結果の見方

次に、Fakespotの判定結果の見方を解説しよう。

上の商品の判定結果は、以下の通り。

ご覧のとおり、Fakespotの分析結果は、なんと

最低ランクのF

だった・・・。

な、なんだってー!

判定結果の評価は、下のように、レビューの信頼度に応じて、A(Grade A)からF(Grade F)まである。

各評価の信頼度は以下のとおり。

A:90 – 100%

B:80 – 89%

C:65 – 79%

D:45 – 64%

F:44%以下

また、228件のレビューのうち、81.4%ものレビューについて、信頼性が低いとの結果が出た。

下の判定結果の左側はAmazonの評価、右側は推定された実際の評価を表す。

星1つ分もない

実際の評価・・・

このように、やらせレビューの多い中国メーカーの商品は、大抵このようにAmazonの評価と実際の評価がかけ離れていることが多い。

右側の実際の評価を見て、速攻でページを閉じても、左側のAmazonの評価を見たら、速攻でポチってしまう人も多いのではないだろうか?

だからこそ、彼ら中国メーカーは必死でやらせレビューを量産しまくるのだ!

ある意味、レビューの中身をろくに吟味せずに商品を購入してしまう我々カスタマーの安易な姿勢にも、責任の一端がないとはいえないだろう。

分析の概要

また、「Analysis overview(分析の概要)」は、次のとおりだ。

上から順に1つずつ説明しよう。

1.信頼できるレビューの比率

上の例では、18.6%のレビューが信頼できるそうだ。

これは、やらせレビューの後に書かれた本物のユーザーレビューの比率だろう。

2.レビューの件数と分析の基礎になったデータの日付

上の例では、「2018年3月1日」の時点における「228件」のレビューに基づく分析結果ということになる。

3.興味深い情報

上の例では、レビュアーが最も多く使用している言葉は、「サウンド(sound)」だそうだ。

4.レビュアーの商品のレビューの傾向

上の例では、「great, good, quality, fit, better」という言葉をレビュアーが使用する傾向にあるそうだ。

5.Amazonによって削除されたレビューの数

上の例では、「428件」ものレビューが過去にAmazonによって削除されたそうだ。

6.商品レビューの質の分析結果

上の例では、レビューの質は、最低ランクの「F評価(F grade)」だ。

7.レビュアーの質

上の例では、レビュアーは、「疑わしいほど肯定的な(suspiciously positive)」評価を書き込む傾向にあるそうだ。

8.レビュアーのパターン

上の例では、レビュアーの「やらせ度が高い(high deception)」そうだ。

また、Reviews summaryには、レビューの要約も記載されている。

Fakespotの判定結果で真っ先に見るべき情報

ところで、上の項目のうち、5番目の「Amazonによって削除されたレビューの数」の情報が一番重要な情報だ。

なぜなら、中国人のサクラは、Amazonによるやらせレビューの削除を利用して、正当なユーザーのレビューのみを残すことによって、レビューの評価を上げる「レビューロンダリング」を行う傾向があるためだ。

それゆえ、Fakespotのレビューの判定結果がAだからといって、決して安心してはいけない。

逆に考えると、過去に削除されたレビューの件数が多い商品の場合、ほぼ間違いなくサクラ業者によるやらせレビューと考えることもできる

この商品の場合、過去に428件ものレビューが削除されているため、サクラによるやらせがあることはほぼ間違いないだろう。

なぜなら、まともな商品のレビューが、数百件も削除されることなど、通常ありえないことだからだ。

Fakespotの「Review Count」には、過去のレビューの件数の推移を追ったグラフも示され、その商品がかつてAmazonの制裁を受けたブラックな商品か否かが一目瞭然だ。

判定結果がAであっても、このグラフが示すように、過去に削除されたレビューの件数が多い場合、サクラ業者のレビューである可能性が極めて高いので注意してほしい。

信頼できないレビュアー

また、Fakespotの分析結果の一番下には、「信頼できないレビュアー(Unreliable Reviewer)」として、Dolores Lawrence, Charles Reynolds, Karen Martinの3人のレビュアーの名前があげられている。

いずれのレビュアーも、

「肯定的なレビューの件数が圧倒的」

「他のサクラレビュアーの

 プロファイルデータと

 言語との相関関係がある」

「べた褒めの言葉が多く

 疑わしいほど肯定的」

などの特徴を有するそうだ。

また、これらのやらせレビュアーは、一見、欧米風のフルネームの名前だが、実際は、中国人のサクラレビュアーだろう。

このように、中国人サクラ業者は、アメリカにおいても、日本と同じようなステマ行為を行っているのだ。

Amazon.comに対応商品がない場合の対処法

なお、Amazon.comに対応商品がない場合や、また、対応商品があっても、レビューの件数が不十分な場合は、下のような表示が出て、判定結果が得られないこともある。

「分析に必要なレビューが十分にありません。この製品により多くのレビューが利用可能になったときにリトライしてください」

このような場合は、どうすればいいだろうか?

この場合は、同じメーカーの他の商品をチェックしてみよう。

なぜなら、中国人のサクラは大抵、同じメーカーから大量の依頼を受けて、やらせレビューを書き込む傾向にあるからだ。

それゆえ、特定メーカーの一部の商品にやらせレビュー疑惑があるのなら、そのメーカーの他の商品のレビューも怪しいはずだ。

メーカーの評価の見方

また、Fakespotは、メーカーの評価を知ることもできる。

Fakespotの判定結果において、下のメーカー名か、メーカーのレビューの評価(Company Product Reviews Grade)「D」をクリックしてみよう。

すると、次のような画面が現れる。

ここで、判定結果の要約(Summary)は、左から順に以下のとおりだ。

1.製品の総数(Total Products)

上の例では、「87」の製品がある。

2.レビューの件数(Total Reviews)

上の例では、「11.853」件ものレビューがある。

3.信頼できないレビュー(Unreliable Reviews)

上の例では、「40.0%」のレビューが信頼できない。

すなわち、4700件以上ものレビューにやらせ疑惑があるということになる。

また、Amazonの評価から修正された実際の評価は以下のとおりだ。

この結果が示すように、この中国メーカーの評価はDだ。

ちなみに、メーカーの評価の見方は以下のとおり。

これらの結果を見れば、あなたが購入を検討しようとしている製品のメーカーが信頼できるかどうか、簡単に知ることができるというわけだ。

中国メーカーは、一見日本風か欧米風の名前を採用しているケースが多いため、Fakespotはメーカーの信頼度のチェックにも使えて大変便利だ。

Fakespotの対応サービス

なお、現時点において、Fakespotは、Amazon.com、Amazon.co.uk、Amazon.ca、Amazon.com.au.のみに対応しており、Amazon.co.jpには対応していないようだ。

なお、Fakespotは、iTunes App Store, Yelp, Tripadvisorにも対応しているため、これらのサービスを利用している人にも役立つだろう。

【最後に】やらせレビューチェッカーの過信は禁物!

なお、Fakespotなどのやらせレビューのチェッカーは、独自の基準に基づき、レビューがやらせか否かを判定しているが、機械的な判定を行っている以上、その判定結果が100%信頼できるわけではないことに注意したい。

実際、この中国メーカーの商品の判定結果の中には、下のように、A判定のものも見られる。

中国人セラーは、広州IT企業がバックについており、やらせレビューを見分ける技術に対抗するための高度なAIを開発しているという噂もある。

それゆえ、やらせレビューチェッカーによる判定にも限界があるのだ。

しかしながら、Fakespotは、過去のレビューの削除状況など信頼できる情報も多いので、使いようによっては、かなり有用なツールになる。

最後に、この手のやらせレビューに騙されない一番の方法としては、評価が高いからといって無条件でレビューを信じることなく、

「このメーカーの商品

 レビューの評価が

 かなりいいけど

 本当に大丈夫かな?」

という疑いの意識をもち、冷めた目でレビューを見ることが何よりも肝心だ。

そのための「補助ツール」として、Fakespotなどのやらせレビューチェッカーを活用すれば、もはや中国人のやらせレビューに騙されることはなくなるだろう。

というわけで、諸君もやらせレビューチェッカーを活用して、Amazonで賢く商品を購入し、充実したオタクライフを存分に満喫するようにしてほしい!

オタクパパより愛を込めて!

スポンサーリンク(Sponsored link)
スポンサーリンク(Sponsored link)

シェアする(SHARE)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする(FOLLOW)