オタク婚活

婚活でのメッセージのやりとりでコミュ障のオタクが失敗する典型パターン

投稿日:

Sponsored Links
Sponsored Links

親愛なる読者諸君!

オタクパパだ!

 

今回は、コミュ障・キモメン・中年(高齢)オタク・低年収(貧乏)など、

恋愛弱者のための

オタク婚活講座

の続きだ。

 

このオタク婚活講座では、重度のコミュ障にして、アラフォーの中年キモオタという

三重苦のカルマ

を背負った私が、リア充と競争しなければならない過酷な婚活戦線でさまざまな苦難を乗り越えたあげく、歳年齢差のある嫁さんと出会い、結婚に至った経験をもとに、

コミュ障中年キモオタの

ハンデを乗り越えて

婚活を成功させるために

役立つさまざまな方法

を伝授する。

重度のコミュ障の中年キモオタが結婚を両親に報告した結果【オタク婚活】

親愛なる読者諸君! オタクパパだ!   近年、オタクの婚活、すなわち オタ婚 というのが盛んだ。   そのためか、いまではオタク向けの婚活サービスもよりどりみどりで、ネットには、オ ...

続きを見る

というわけで、今回は、私自身の婚活経験をもとに

婚活のメッセージ

やりとりで

コミュ障のオタクが

失敗するパターン

を紹介したい。

コミュ障すぎて他人とまったく会話が続かなかった私の黒歴史

さて、私は、

重度のコミュ障

だ。

 

どれくらいコミュ障かというと、これまで他人と会話が長く続いたためしがない。

 

例えば、ある日、私の直属の上司がUSBを忘れてきたことがあった。

上司

「オタクパパさん

 申し訳ないけど

 USBを忘れてしまってね!

 

 ちょっとの間でいいから

 きみのUSBを貸して

 くれないかな

「USBですか?

 

 使ってないのが

 1つあるので

 いいですけど・・・

そういって、私は、余っていた古いUSBを上司に貸すことにした。

上司

「いやあ、助かるね!

 

 ちょっとプレゼンの

 準備をしないと

 いけなかったから

「そうですか

しばらくして、上司がやってきて言った。

上司

「オタクパパさん

 ちょっとなによ

 このファイル?

 いっぱいあるけど!

 

「え・・・なんですか?

私は不安になって、上司のパソコンの画面をのぞき込んだ。

「げげげっ!?」

なんと、

USBの中に

ギャルゲーの曲が

入ったままに

なっていたのだ!

(↓)泣きゲーの名作「AIR」のオリジナルサウンドトラック。神曲「鳥の詩」をはじめ、一度聴いたら忘れられない名曲だ。

(↓)ちなみに、ギャルゲー・オタクとして、KEYの泣きゲーをかなりやりこんだのは、いうまでもない。

上司

鳥の詩?

 夏影?

 

 なんだか、えらく

 文学的なタイトル

 だね? 

 

 オタクパパさん

 このファイルってなに?」

「え・・・?

 

 まあ、強いて言えば

 一種の芸術

 でしょうか?

 

 感動する

 といいますか・・・」

上司

芸術? 

 感動?

 

 驚いたね!

 オタクパパさんに

 そんな

 高尚な趣味

 があったなんて

 知らなかったよ!

感心して、しきりにうなずく上司。

上司

「ちょっと詳しく

 教えてくれないかな?

 その芸術について!」

そういって、音楽ファイルをクリックしようとする上司。

「え? ちょ! 

 ダメポ!

上司

「ちょ・・・!?

 なにすんの!

 

 いきなりUSBを

 引っこ抜いて!

 

 壊れたらどーすんの!?

という感じに、とにかくまともに会話が続かないのだ。

 

だが、そんな私であっても、婚活のメッセージのやりとりでは、数多くの女性と会話が弾んだ。

婚活アプリのメッセージのやりとりでは、YES・NOで答えられないオープン型の質問を避けるべし

婚活アプリでせっかくお目当ての女性とマッチングしたとしても、その後のメッセージのやりとりで失敗したら意味がない。

 

私自身、数多くの婚活女性とメッセージのやりとりをした経験からいっても、質問の仕方を間違えたために、速攻で切られた悲しい経験も、けっして少なくなかった。

 

というわけで、ここでは、私自身の経験をもとに、婚活アプリのメッセージのやりとりでコミュ商のオタクが失敗する典型的なパターンを紹介したい。

 

さて、婚活のメッセージのやりとりでは、なるべく

相手の女性に

負担をかけない質問

がなによりも肝心だ。

 

相手の女性に負担をかけるような質問をすると、

「うわ! コイツ

 めんどくせえ

 奴だな・・・」

と思われて、速攻で切られるからだ。

 

面倒くさい質問の代表例としては、

オープン型の質問

がある。

 

オープン型の質問とは、YESかNOで答えられないような質問だ。

 

例えば、

「A子さんは

 休日はどのように

 お過ごしでしょうか?」

という質問は、YESかNOで答えられないオープン型の質問だ。

 

この質問は、何気ないシチュエーションでよく使われる質問だが、意外と答えるのが面倒くさい質問の代表格ともいえる。

 

これは、自分の立場に置き換えて考えてみるとよく分かる。

 

例えば、女性からこのような質問を受けて、正直に、

「休日は自宅にこもって

 ギャルゲーをプレイして

 過ごしているんです」

などといえば、女性からドン引きされるのは必須だ。

 

そこで、いろいろある休日の過ごし方のうち、相手のプロフィールを研究して、相手にとって受けのよさそうな回答を考えなければならない。

 

この作業が、意外と面倒くさいのだ。

 

だから、人によっては、この手の質問はかなり嫌がられるので、この手のオープン型の質問は、なるべく避けるのが賢明だ。

相手の好みを知らないと答えられないような観念的で漠然とした質問も避けるべき

また、相手の好みを知らないと答えられないような観念的で漠然とした質問も避けるべきだ。

 

例えば、

「A子さんは、

 旅行好きのようですが

 どこが一番

 おすすめですか?」

といったような質問だ。

 

この質問も、YES・NOで答えられないオープン型の質問であり、ボヤッとした質問だ。

 

これも、逆の立場になって考えてみるとわかることだ。

 

例えば、

「オタクパパさんって

 アニメがお好き

 なようですが

 どんなアニメが

 一番おすすめですか?」

と、質問されたとしよう。

 

このような質問に対し、相手の女性の感性や好みをガン無視して、

中二病の妄想全開の

ハーレムアニメ

を勧めても、ドン引きされるだけだろう。

 

この手の質問は、相手の好みや嗜好をきちんと把握した上で適切な回答を与える必要がある。

 

だから、相手の好みや嗜好がほとんどわからない初対面の相手に答えるには、とても難しい質問なのだ。

 

ちなみに、私の嫁さんは、

大の廃墟好き

だったが、仮に婚活のメッセージのやりとりで、

「旅行はどこが一番

 おすすめですか?」

という質問をしていたら、

「うわ、答えられない

 どうしよう

 めんどくさ」

と思われて、フェードアウトされ、彼女とは結婚できなかっただろう。

 

このように、相手に負担をかけるめんどくさい質問は、それだけで出会いの機会を喪失するリスクが高いため、できるだけ避けるのが賢明といえるだろう。

答えやすくても、その後の話題が続かない空虚な質問も避けるべし

また、その後の話題が続かない空虚な質問も避けるべきだ。

 

例えば、

「A子さんは、

 動物がお好きな

 ようですが、何が

 一番お好きですか?」

という質問もYES・NOで答えられないオープン型の質問だが、「猫」や「犬」などの具体的な回答ができるので、一見答えやすい質問であるように思われる。

 

例えば、相手の女性から

「そうですね。

 猫が好きです」

という回答がかえってきたとして、

僕も猫好きなんです」

と、お互いに好きな動物名を言い合うとしよう。

 

だが、その後の会話がまったく続かず、それだけで終わる可能性が高い。

 

もちろん、お互いに大の猫好きで、

「猫のここがいいよね!」

という話題で盛り上がるなら話は別だ。

 

だが、そうでもないかぎり、その後の話題が続かないような空虚な質問を避けるのが賢明だろう。

 

婚活アプリのメッセージのやり取りは、相手の女性のペースとスタイルに合わせる

 

最後に、これまで女性とメッセージのやり取りをしたことのないコミュ障の人間にとって、どれくらいの頻度で、どれくらいの長さの文章を書いたらいいか、さっぱり分からないという人も多いかもしれない。

 

私がこれまで数多くの婚活女性とメッセージのやりとりをしてきた経験からすると、メッセージのやり取りの頻度と文章の長さなどについては、基本的に

相手の女性のペースと

長さに合わせるべき

だ。

 

例えば、相手の女性が、1行のメッセージを送ってくるなら、こちらも基本1行のメッセージを返し、相手の女性が3行のメッセージを送ってくるなら、こちらも基本3行のメッセージを返すのがいい。

 

例えば、相手の女性が、1〜2行程度の短い文章を送ってくるにもかかわらず、こちらが10行くらいの長い文章を送ると、

「うわ、なにコイツ

 めんどくせえ!」

と思われるのがオチだ。

 

一方、相手の女性が、10行くらいの長い文章を書いてくるタイプの場合、こちらが1〜2行程度の短い文章を送ると、

「この人すごく

 そっけない・・・」

と、否定的に思われる可能性が高い。

 

このように、メッセージのやりとりや、基本的に

相手の女性のペースと

スタイルに合わせる

のが基本だ。

 

このように書くと、

「え? なんでそんな

 面倒くさいことを

 しないと

 いけないんだよ?」

と思われる人もいるかもしれない。

 

だが、結婚したら、嫌でも相手の女性のペースとスタイルに合わせる必要が出てくることが多い。

 

というか、長い結婚生活では、このような歩み寄りが不可欠だ。

 

というわけで、以上まとめだ。

1.婚活のメッセージのやりとりでは、YES・NOで答えられないオープン型の質問を避ける

2.相手の女性の好みが分からないと答えられないような、観念的で漠然とした質問を避ける

3.答えやすくても、その後の話題が続かない空虚な質問も避ける

4.メッセージのやりとりは、相手の女性のペースとスタイルに合わせる

というわけで、諸君も、婚活のメッセージにおいて、せっかくマッチングした好みの女性との貴重な出会いの機会を喪失することがないよう、相手の女性が答えやすい質問を心がけるようにしてほしい!

 

オタクパパより愛を込めて!

 

あわせて読みたい

コミュ障のオタクもモテる!婚活の初デートで成功するお店選びのコツ

親愛なる読者諸君! オタクパパだ!   今回は、コミュ障・キモメン・中年(高齢)オタク・低年収(貧乏)など、 恋愛弱者のための オタク婚活講座 の続きだ。   このオタク婚活講座で ...

続きを見る

コミュ障が婚活の初デートのお店にサイゼリヤを避けるべき科学的理由

親愛なる読者諸君! オタクパパだ!   今回は、コミュ障・キモメン・中年(高齢)オタク・低年収(貧乏)など、 恋愛弱者のための オタク婚活講座 の続きだ。   このオタク婚活講座で ...

続きを見る

コミュ障の中年オタクが婚活をするならマッチングアプリが一番の理由

親愛なる読者諸君! オタクパパだ!   今回は コミュ障のための オタク婚活講座 の続きだ。   このオタク婚活講座では、重度のコミュ障のアラフォー中年キモオタの私が、リア充と競争 ...

続きを見る

低年収でも理想の結婚相手に出会える!恋愛弱者のためのオタク婚活戦略

親愛なる読者諸君! オタクパパだ!   今回は コミュ障のための オタク婚活講座 の続きだ。   このオタク婚活講座では、重度のコミュ障のアラフォー中年キモオタの私が、リア充と競争 ...

続きを見る

オタクが婚活でメンタルを強く保つ方法は、全部ときメモが教えてくれた。

親愛なる読者諸君! オタクパパだ!   今回は コミュ障のための オタク婚活講座 の続きだ。   このオタク婚活講座では、重度のコミュ障のアラフォー中年キモオタの私が、リア充と競争 ...

続きを見る

中年キモ男もこれで結婚した!恋愛弱者のためのオタク婚活の基本戦略

親愛なる読者諸君! オタクパパだ!   今回は コミュ障のための オタク婚活講座 の続きだ。   このオタク婚活講座では、重度のコミュ障のアラフォー中年キモオタだった私が、リア充と ...

続きを見る

Sponsored Links
Sponsored Links

-オタク婚活

Copyright© お父さんはオタクパパ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.