オタク婚活

コミュ障の中年オタクが婚活をするならマッチングアプリが一番の理由

投稿日:

親愛なる読者諸君!

オタクパパだ!

 

今回は

コミュ障のための

オタク婚活講座

の続きだ。

 

このオタク婚活講座では、重度のコミュ障のアラフォー中年キモオタの私が、リア充と競争しなければならない過酷な婚活戦線でさまざまな苦難を乗り越えたあげく、歳年齢差のある嫁さんと出会い、結婚に至った経験をもとに、

コミュ障中年キモオタの

ハンデを乗り越えて

婚活を成功させるために

役立つさまざまな方法

を伝授する。

重度のコミュ障の中年キモオタが結婚を両親に報告した結果【オタク婚活】

親愛なる読者諸君! オタクパパだ!   近年、オタクの婚活、すなわち オタ婚 というのが盛んだ。   そのためか、いまではオタク向けの婚活サービスもよりどりみどりで、ネットには、オ ...

続きを見る

というわけで、今回は、コミュ障の中年オタクにとって、

オタク婚活の

活動方法として

婚活・恋活アプリ等の

マッチングアプリが

一番である理由

について語ってみたい。

オタク婚活の事前準備には、必ず守らなければならない順番がある

これまで、コミュ障オタクが婚活をする際に重要な事前準備として、散髪、眼鏡選び、脱オタクファッションのコーディネート、そして、婚活写真撮影がきわめて重要であるという話をした。

 

なぜなら、コミュ障にとって、相手の女性と円滑なコミュニケーションが期待できない以上、

コミュ能力不足を

視覚的な情報で

最大限にカバーする

必要があるからだ。

 

なぜなら、同じコミュ障であっても、

「陰キャで口下手なダメ男」

という、一般の女性が避けたいタイプの男と、

「男は黙って黒ビール」

的な寡黙だが、格好いいタイプの男の二通りのタイプが存在する。

 

それゆえ、後者の「格好いい寡黙男」を演出するために、最低限の外見を整える必要があるのだ。

 

なお、散髪の回でも述べたが、

これらの事前準備は

順番が大事

だ。

 

具体的には、

1.散髪

2.眼鏡選び

3.脱オタクファッション

4.婚活写真撮影

の順番を必ず守るようにしてほしい。

 

なぜなら、いきなり3番目の脱オタクファッションのコーディネートから入った場合、コーディネート担当の店員さんは、

あなたのダサい髪型と

ダサい眼鏡を見て

それらにマッチした

ダサいファッションを

無意識に選んでしまう

危険性がある

からだ。

 

これらの視覚的な情報は、無意識に店員の脳に働きかけることにより、偏った事前情報、すなわち

認知バイアス

となって、店員の公平な判断を狂わせてしまうおそれがある。

 

一方、最初に「散髪」を選べば、理容師・美容師は、あなたの髪型を決める際に、ケープに隠れたあなたのダサいファッションや、眼鏡ケースに収められたあなたのダサい眼鏡を見ることがない

 

そのため、理容師・美容師は、認知バイアスに惑わされることなく、あなたの顔の造りと頭の骨格のみに基づいて、あなたに合った最適な髪型を選んでくれる可能性が高いのだ。

 

そして、最適な髪型を決定した後で、眼鏡選びにうつる。

 

いろいろな眼鏡をかけたときの顔写真を見て、眼鏡を決定する際、首より下の部分が決め手になる可能性は少なく、たいていの場合、髪型と顔に合った眼鏡を選ぶはずだ。

 

だから、あなたのダサいファッションが眼鏡選びに悪影響を与える可能性は低いのだ。

 

このように、

最適な髪型

  ↓

最適な眼鏡

  ↓

最適なファッション

という順番で選んでいけば、これまでのダサい髪型やダサい眼鏡、ダサいファッションが無意識に影響を与える認知バイアスに一切惑わされることなく、本当の意味で

真のあなたに合った

髪型や眼鏡、

ファッション

を見つけ出す

ことができるはずだ。

 

そして、このようにして最適な髪型・眼鏡・ファッションを手に入れた時点で、初めて婚活写真の撮影に入る。

 

実際、私自身、上の順序に従って写真撮影を行ったのだが、ダサい髪型・ダサい眼鏡・ダサいファッションだった過去の私自身からは想像もつかないほど、生まれ変わることができた。

オタク婚活の選択肢を検証する

さて、写真撮影を終えて事前準備ができたところで、次に、オタク婚活の活動に実際に入っていくわけだが、ここで、いくつかの選択肢がある。

 

その選択肢は、大きく分けて、次のようなものが考えられるだろう。

1.街コンやサークル、バーなどでパートナーを見つける

2.オタク系に特化した婚活パーティーを利用する

3.地元の結婚相談所・お見合いパーティーを利用する

4.婚活・恋活アプリ等のマッチングアプリを活用する

以下、一つ一つ検証していこう。

街コンやサークル等の自由恋愛は「コミュ能力」が不可欠だ

ここで、1の街コンやサークル、バーなどでパートナーを見つける方法だが、オタクの場合は、アナログ(非電源)ゲームサークルなどのオタク系サークルなどがあげられるだろう。

 

もちろん、オタク系サークルに入れば、そこで知り合った女性と仲良くなって結婚するというケースも少なくはない。

 

実際、私が所属していたオタク系社会人サークルでも、そのようにして仲良くなった男女が結婚したケースもある。

 

だが、あなたがコミュ障なら、このような自然な出会いは到底期待できないことは、あなたが一番良く知っているはずだ。

 

オタク系サークルでパートナーを見つける行為は、

サークル活動が終わった

アフターにそれとなく

相手の女性を誘って

エスコートする

という高度な恋愛スキルが問われるからだ。

 

実際、私自身、サークル活動が終わったとたん、速攻で自宅に帰るほうだったため、サークル活動が終わった後で、カップル誕生に結びつくような男女の色恋沙汰があったことすら、まるで気がつかなかったほどだ。

「え? あの子

 Kさんと

 結婚するんですか?

 マジ!?」

サークル会長

「マジもマジ!

 

 そういえば、あの夜

 アイツら2人だけ

 後から帰るとか行ってたな

 

 あのとき、

 俺も不思議に

 思っていたんだが

 

 畜生!

 あの夜!

 アイツら2人で

 ヤってやがったんだよ! 

 

 あの野郎! 

 俺の知らないところで

 抜け駆けしやがって!

 

 あんなに努力したのに

 何で俺じゃないの!?」

サークルの会長の悔しそうな言葉を聞いて、私は思わず

「あ、オレには

 こんな生き方

 絶対無理!」

と、瞬時に悟ったのは言うまでもない。

 

なので、あなたがコミュ障の自覚があるなら、

自由恋愛は漫画の中

だけのフィクション

と割り切って、さっさと現実的な婚活に精を出すようにしてほしい。

オタク系婚活パーティーは、コミュ能力の高い若いイケメンオタクほどお勧め

さて、オタク婚活といえば、やはりオタクのみが集まる婚活パーティーを真っ先に連想する人も多いかもしれない。

 

オタクのみが集まる婚活パーティーは、同じオタク趣味の人間だけが集まるので、相手の女性と話題が合いやすく、一見カップルが成立しやすそうに思える。

 

それゆえ、まだ20代や30代前半くらいの若いオタク男女にはお勧めかもしれない。

 

あなたがコミュ障であっても、若いイケメンであるなら、積極的にオタク系婚活パーティーに参加すると、すぐにお相手の女性が見つかるかもしれない。

 

共通のオタク系の話題は、コミュニケーションを円滑にするため、コミュ障のハンデをカバーできるからだ。

 

一方、あなたがアラフォーに片足を突っこんだ中年オタクなら、少し手遅れかもしれない。

 

なぜなら、この手のオタク系婚活パーティーは、20代〜30代前半の若い男女の成約率が高い一方で、30代後半以上の男女は意外と苦戦するからだ。

 

私自身、婚活を始める際に、オタク系婚活パーティーをいくつか検討してみたが、

なぜか毎回のように

30代後半以上の

男女が売れ残っている

現実を見て絶望した

 

それもそのはず。

 

このようなオタク系婚活パーティーのコアな年齢層は、やはり20代〜30代前半くらいであって、若い女性からすれば、

「こんなに若い男性が

 たくさんいるのに

 

 なんでわざわざ

 キモオタのオッサンを

 選ばないといけないの?」

という、中年オタクにとっては厳しい暗黙の空気がそこはかとなく漂っているからだ。

 

もちろん、あなたがそこそこ見てくれが良く、かつ、面白い話題を提供できるなら、彼女達との年齢差の壁も越えられるかもしれない

 

だが、残念ながら、このオタク講座は、

コミュ障

のための講座

だ。

 

それゆえ、あなたがコミュ障の中年オタクなら、この手のオタク系婚活パーティーは潔くあきらめて、別の選択肢を探すのが、精神衛生上一番だ。

地元の結婚相談所・お見合いパーティーを利用する

あなたがアラフォーに片足を突っこんだ中年オタクなら、地元の結婚相談所やお見合いパーティーがお勧めだ。

 

なぜなら、地元の結婚相談所やお見合いパーティーなら、30代後半の男女も普通に参加しており、オタク系婚活パーティーのように浮いてしまうおそれが少ないためだ。

 

もちろん、あなたがコミュ障のオタクというカルマを背負っていたとしても、結婚相談所なら良きパートナーが見つかる可能性は高いだろう。

 

だが、あなたがキモオタや低年収などの極端な属性をもっていたり、

「絶対に若くて可愛い子

 じゃないとダメだ!」

というシビアな要望をもっている場合、結婚相談所を利用したとしても、かなり苦戦するかもしれない。

 

なぜなら、地元の結婚相談所の紹介や婚活パーティーで出会うことのできる女性の数には限度があるからだ。

 

リアルな婚活で出会える女性の数は、せいぜい数十人程度が関の山ではないだろうか?

 

以前の講義でもとりあげたが、若くて可愛いが、コミュ障の中年オタクが好きという、ある意味レアな女性を見つける割合は、

1000人に

2〜3人くらいの割合

だと考えてもらっていい。

 

真にマッチングする相手の割合は、1000人の婚活女性のうち、わずか3人にすぎず、この経験則は、

千三つの経験則

として知られている。

 

逆にいえば、あなたが出会う大多数の婚活女性は、

20代〜30代前半の

フツメン以上の

平均的な婚活男性

を希望しており、彼女たちにとって、

コミュ障の

アラフォー中年

オタクは論外

なのだ。

 

それゆえ、仮に結婚相談所で30人程度の女性を紹介してもらったとしても、あなたが希望するレアな女性が見つからない可能性のほうが、はるかに高いという点は覚悟すべきだ。

コミュ障の中年オタクには、婚活・恋活アプリ等のマッチングアプリがお勧め

私がお勧めしたいのは、婚活・恋活アプリ等のマッチングアプリだ。

 

このようなマッチングアプリとしては、PairsやOmiaiなどが有名だろう。

 

なぜマッチングアプリなのか?

 

なぜなら、

マッチングアプリは

地理的な制約を超えて

あらゆる地域・

年齢層の女性と

つながることができる

からだ。

 

実際、私自身、マッチングアプリを使って、いまの嫁さんに出会ったのだが、地元の結婚相談所を利用していたら、彼女に出会うことは永遠になかっただろう。

 

なぜなら、彼女は、隣の県に住んでおり、その上、年齢差も一回り以上離れていたからだ。

 

普通に結婚相談所で婚活していたら、あり得ないような出会いだったのだ。

 

また、マッチングアプリによる出会いは、外見や年収、趣味などの表面的なスペックによる足切りが手軽にできる。

 

実際、あなたが中年アラフォーオタクなら、100人の女性のうち95人の婚活女性は、あなたを外見や年収、趣味などの表面的なスペックのみで足きりしてくるはずだ。

 

その結果、実際にメッセージのやりとりができるのは、

100人のうち

わずか5%の

5人の婚活女性

にすぎない。

 

仮に、結婚相談所などのリアルな場で、実際に100人もの婚活女性に出会って、外見などのスペック面に基づいて、95人の女性から無視されたら、精神的にかなり堪えるだろう。

 

一方、マッチングアプリの場合、100人の女性にいいねを送った場合、95人の女性から無視され、5人の女性のみから回答がくる。

 

実質5%しか返事が来ない。

 

だが、それだけだ。

 

それ以上の精神的ダメージは一切負わない。

 

これがマッチングアプリのいいところだ。

 

これがリアルなら、実質95人もの女性から完全無視されたことになり、精神的なダメージはかなりのものだ。

 

私なら、ショックのあまり、しばらくの間、PTSDになるだろう。

 

だが、マッチングアプリは、無視してきた95人の女性を、さながらNPC(ノンプレイヤーキャラクター)のように一瞬にして透明化してしまうのだ。

 

その一方で、回答してきた女性が100人のうち、わずか5人にすぎなかったとしても、ガチャでレアカードを引いたかのように、不思議な満足感があるのだ。

 

よく考えてみてほしい。

 

実際の話、

100人もの

婚活女性のうち

95人もの女性から

あなたの存在を

否定される

のだ。

 

リアルで婚活していたら、どんなにあなたがタフな男であったとしても、SAN値(正気度)がすぐにゼロになって

「うわああああああ!!

 

 オレは95人もの

 女性から否定された

 んだぁ〜〜〜〜!!

 

 オレはなんてダメな

 喪男なんだぁ〜〜!

と、遠からず発狂するだろう。

 

一方、マッチングアプリを活用すれば、不思議なことに、1000人の婚活女性の中から3人のレアな女性を見つける作業が決して苦痛にならず、むしろ楽しくさえあるのだ。

 

実際、マッチングアプリを用いた婚活に慣れれば、

「お! 今回は

 100人の女性のうち

 5人から回答があったか!

 上々上々!」

と、それこそ余裕で対処できるようになるのだ。

 

これは私自身の経験からも明らかだ。

 

それゆえ、

千三つの経験則に基づき

レアな女性を求めて

オタク婚活を行うなら

マッチングアプリ

の活用が必須といえる

のだ。

 

だからこそ、コミュ障のアラフォー中年オタクには、マッチングアプリが一番なのだ。

 

というわけで、次回のコミュ障のためのオタク婚活講座では、私自身の婚活経験をもとに、

ダブル5%理論に基づく

マッチングアプリを用いた

具体的な婚活スケジュール

について説明したいと思う。

 

オタクパパより愛を込めて!

 

-オタク婚活

Copyright© お父さんはオタクパパ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.