元社畜のオッサン幼女軍人がゲス顔で戦争しまくる神アニメ【幼女戦記】

シェアする(SHARE)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 1
スポンサーリンク(Sponsored link)

親愛なる読者諸君!

オタクパパだ。

突然だが、キミたちは幼女に萌えたことはあるだろうか?

幼女萌えについて、今から1000年以上も前に、かの清少納言大先生が下のように語っているのは、キミたちもご存じのことと思う。

萌えるもの

濡れたスイカに映った幼女。呼んだら来るスズメの雛。2,3歳の幼女が走って来る途中に地面のゴミを見つけて、ちっちゃいおててで「はいっ」と見せるのモエス

おかっぱの前髪をかき上げないで、首を斜めにして向こうを見ようとしてるのもアホカワイイ

ちっちゃいお坊ちゃんがスーツ着せられて歩いたり、幼女が遊んでいるうちに腕の中でくーくー寝るのもスゲェ萌える

しがみついてんだぜコンチクショー

まぁ、ままごとの道具や水草の葉っぱとか、小さいものはみんなかわいいといえるな。 二歳くらいの子供が服の裾を引きずって部屋から出てくるのはタマラン

袖が長すぎて指先だけちょっと出ているってのもピンポイント萌え。10歳前後の男の子が、学校の授業で教科書読んでるのもけっこう萌えるシチュエーションだな。

人間以外で言えば、ヒヨコがぴよぴよと人の前や後ろに立ってついてきたり、親ニワトリにくっついて歩くのは実にホホエマシス。 あと、カルガモの卵とか、ガラスの小瓶とか。

引用「清少納言‐アンサイクロペディア」

一部、ショタ(少年)萌えやケモノ萌え、器物萌えも混じっているが、1000年経っても、現代の紳士達の心に響く、実に味わい深い名文といえるだろう。

やっぱ幼女は最高だぜ!!

(↑)「おまわりさんコイツです!!」

だが、私はどちらかといえば、清少納言大先生のように3次元の幼女に萌えるより、むしろ

2次元の幼女になりたい!!

と、脳内で激しく妄想するほうだ(←おい)

一昔前なら、一笑に付されるレベルのアブナイ妄想だが、実は、このような2次元を愛でるオタク紳士の妄想を具現化した素晴らしい作品がある。

それが幼女戦記だ!

というわけで、今回は、幼女の帝国軍人がゲス顔で過酷な戦争を戦いぬく衝撃No.1アニメ・幼女戦記を紹介するぞ!!

スポンサーリンク(Sponsored link)

幼女戦記とは?

幼女戦記は、カルロ・ゼンによるライトノベルであり、2011年から小説投稿サイト「Arcadia」にて連載されていたオンライン小説だ。

現在、エンターブレイン(KADOKAWA)から第8巻まで発売されており、2017年6月時点で270万部もの売上げを上げている大ベストセラー・シリーズである。

また、小説だけでなく、サウンドドラマや漫画、アニメなどメディアミックス展開をして、軍オタや歴史ゲーオタなどから高い評価を受けている作品だ。

というわけで、以下、オタクならではの視点で、幼女戦記の魅力について余すところなく語ってみたい。

見た目は幼女、中身はオッサンの主人公ターニャ

Amazonリンク 幼女戦記 (1) Deus lo vult

上の金髪碧眼の超キュートな幼女が、幼女戦記の主人公である帝国軍航空魔導師士官のターニャ・フォン・デグレチャフだ!

ターニャは外見こそ可愛らしい幼女だが、実は、中身はオッサンだ。

だが、「幼女戦記」は

オッサン思考の幼女が戦う物語

という意味ではない。

文字通り、

オッサンが幼女になって戦う物語

だ。

というのも、ターニャには、前世の記憶があり、もともとは日本人のオッサン・サラリーマンが転生した姿なのだ!

(↓)主人公のターニャ・デグレチャフは、見た目の金髪碧眼の超キュートな幼女だが、中身はゲスな思考をもつ元社畜のオッサンだ。

引用 「幼女戦記」(東篠チカ、カルロ・ゼン)

某名探偵少年アニメにおいて、

「見た目は子供、頭脳は大人」

というキャッチフレーズが有名だが、この「幼女戦記」の場合、

見た目は幼女、中身はオッサン

というキャッチフレーズがしっくり来るかもしれない。

なぜなら、ターニャの場合、頭脳や知識だけでなく、思考形式や人生観まで、外見を除くあらゆる要素が徹底したオッサンだからだ。

しかも、ターニャの前世は、職務に忠実かつ上昇志向にあふれるエリート・サラリーマンであり、元同僚でさえも不要になれば平気でリストラするという冷徹な合理主義者だ。

それゆえ、ターニャは、見た目こそ可愛らしい幼女だが、その考え方や行動が合理主義を信奉するガチガチのオッサン軍人のものであるゆえに、そのギャップに思わず爆笑してしまうのだ。

合理的精神で「神」に抗うメンタルマッチョな幼女の物語

Amazonリンク プロローグ

さて、「幼女戦記」の一番の魅力はストーリーだ。

ターニャの前世である主人公は、日本の企業において、エリート・サラリーマンとして順風満帆な人生を送っていたが、その徹底した合理的思考による冷徹さゆえに、同僚に逆恨みされて命取りとなる。

しかしながら、神の存在さえ認めようとしないガチガチの合理主義者である主人公を改心させようと、主人公の死の瞬間に存在X(神)が現れ、シド星ともいえるパラレルワールドへと生まれ変わらせる。

存在Xによって冷徹なサラリーマンから転生させられた主人公は、なんと孤児院において、女の赤ちゃんから絶望の来世生活を再スタートさせるのだ。

バリバリのエリート管理職から、20世紀初頭の欧州風のパラレルワールドの孤児院で無力な幼女として、人生の再スタートを切る。

これが日曜の朝の子供向けのアニメなら、さながら小公女セーラ明日のナージャのような過酷な運命が待っているだろう。

そう、その展開こそが、ターニャを転生させた存在Xの狙いなのだ!

すなわち、存在Xの計画は、ターニャに数々の試練を与え、とことん絶望の底に打ちのめすことで、絶望的な運命に懲りたターニャが改心して、神の慈悲と救いを求める善良な人物になるように仕向けることだ。

そして、数々の苦難を乗り越えたターニャが、最後にはステキな王子様に出会って、

「ありがとう! 神様! 

 わたし、いま幸せいっぱいです!

 これもみんな、存在Xである神様のおかげです!(遠い目)」

という、いかにも予定調和的なハッピーエンドを迎えて終わる。

正直なところ、「幼女戦記」のストーリーがこのような展開なら、ありきたりな展開に退屈した子供達がチャンネルを変え、視聴率が下がりまくってスポンサーも降り、最後には打ち切りのような中途半端なエンディングで終わるだろう。

だが、徹底した合理主義者のターニャは、そんな打ち切り寸前の名作劇場の主人公レベルで終わるようなタマではない!

ターニャは、神ともいえる存在Xによって周到に張り巡らされた予定調和の罠を回避すべく、持ち前の合理的精神を駆使して、つねに存在Xの予想の斜め上を行くことにより、自らを待ち受ける過酷な運命に徹底的に抗いぬくのだ。

合理的精神で「神」に抗うメンタルマッチョな幼女の物語

そして、このストーリー展開が、ありきたりなマンネリズムを見事に打破し、「幼女戦記」をかつてないほど斬新かつ魅力的な作品へと昇華させているといえるだろう。

大戦期の欧州に似たパラレルワールドが舞台の作品

「幼女戦記」のもう一つの魅力は、大戦期の欧州に似たパラレルワールドが舞台という点だ。

ターニャが生まれ変わった世界は、20世紀初頭のヨーロッパに似ており、ターニャが生まれた帝国は、戦前のドイツに似ているが、周辺諸国と泥沼のような戦争を続け、数年後には世界大戦に突入しそうな状況にある。

帝国は経済的には低迷しているものの、周辺諸国との多方面にわたる戦争による慢性的な人材不足と、徹底した能力主義ゆえに、才能があれば、幼女でさえも軍人として採用する国だ。

(↓)「幼女戦記」は、そのタイトルとは裏腹に、ガチでハードな戦闘シーンも多く、大変見応えのある作品だ。幼女が主人公の作品で、砲爆撃の恐怖を感じることのできる作品は希有な存在といえるだろう。

引用 「幼女戦記」(東篠チカ、カルロ・ゼン)

また、ターニャの世界は、パラレルワールドだけあって、我々の世界と完全に同じではなく、微妙に違う点も多い。

一番の違いは、魔術が存在する点だ。

「幼女戦記」において、魔術の原理は科学的に解明されており、軍事や医学の世界でも活用されていることから、純然たるファンタジー世界というわけでもない。

また、魔術を使用することができる者は「魔導師」と呼ばれており、ターニャは、幼少の頃から天才的な魔導師としての才能を発揮する。

ターニャは、優秀な魔導師がいずれ帝国軍に徴募されることを知り、どうせ軍属になるのであれば、自ら志願して軍学校に入学して、士官となる道を選択したほうが得策だと考える。

なぜなら、帝国軍において出世しまくることで、将来、一市民としてではなく、高級将校として後方での安全な生活を手に入れることができるからだ。

それゆえ、「幼女戦記」は、大戦間近のきな臭い世界において、幼女が偏見や身体的不利をはねのけ、持ち前の頭脳と度胸で、大人の帝国軍人達とガチで渡り合う点も魅力的なのだ。

(↓)大人の帝国軍人達とガチで渡り合う幼女ターニャ。外見こそ幼女だが、完全に大人の軍人同士の会話となっている。また、後方で安全な生活を送りたいと願うターニャの本心と、ターニャが愛国心にあふれる兵士であると勘違いしたバリバリの軍人思考の上官達との会話が妙にかみ合っている点も「幼女戦記」の面白い側面だ。なお、下のコマには描かれていないが、背の届かないターニャは、椅子の上に立って会話している。だが、幼女という要素に媚びないハードな展開は、いわゆる「萌え作品」とは一線を画する出来といえるだろう。

引用 「幼女戦記」(東篠チカ、カルロ・ゼン)

このように、大戦間近のパラレルワールドにおいて、

合理的思考を持った幼女が軍の組織でどこまでやれるか?

という、さながらニコニコ動画の架空戦記シリーズ的なシミュレーション要素も「幼女戦記」の大きな魅力といえるだろう。

それゆえ、「幼女戦記」は、鑑賞後に、HOI2などの歴史シミュレーションゲームを無性にプレイしたくなる不思議な作品でもある。

ターニャの思考のルーツ「シカゴ学派」とは

Amazonリンク 選択の自由[新装版]―自立社会への挑戦

アニメ版「幼女戦記」で主人公が読んでいた本の題名が「選択の自由」だ。

「選択の自由」は、20世紀を代表する経済学者にしてノーベル賞受賞者のミルトン・フリードマンの著書だ。

フリードマンは、シカゴ大学経済大学で活躍したシカゴ学派に属する。

ミルトン・フリードマンの思想の根幹にあるのは、徹底した市場原理至上主義(新自由主義)通貨管理の重要性(マネタリズム)であり、かつてイギリスのサッチャー首相やアメリカのレーガン大統領の政策、そして小泉元首相以後の日本の経済政策にも大きな影響を与えたとされている。

新自由主義をひと言でいえば、政府の役割を徹底的に縮小し(小さな政府)、選択の自由競争原理により、よりよい社会を作るべきだという思想だ。

すなわち、ダーウィンの進化論が示すように、自由な競争により市場の過酷な「自然淘汰」で生き残った企業こそが「適者生存」の最たるものであり、よりよい社会を作るに不可欠な絶対の原則なのだ。

もう1つのマネタリズムは、公共事業等や社会保障、最低賃金等による政府の経済への介入を否定し、政府は市場に出回る金の供給量だけ管理すればいい、という思想だ。

要するに、政府の経済政策は、金の量のコントロールのみにとどめ、それ以外は全て、市場の自由に任せるべきだという考え方だ。

このフリードマンの経済思想を多くの国が採用して生まれたのが、徹底した格差社会だ。

ある人間が正社員にならず、派遣社員になって社会の負け組になったとしても、それは競争社会における自由な選択の結果であり、貧困は自己責任なのだ。

これこそ、現代の資本主義の権化ともいえる元エリート・サラリーマンたるターニャの思考のルーツであるといえるだろう。

「幼女戦記」の原作者であるカルロ・ゼン氏は、「サラリーマンが幼女に転生」という斬新なアイデアが生まれた理由について、

シカゴ学派の合理主義的な考え方を人間に適応したらどうなるか?

という疑問がルーツになったと述べている。

以下、カルロ・ゼン氏のインタビューから一部抜粋してみよう。

カルロ:ここからは極端な解釈で、正確な定義は大学の先生方に確認していただけると幸いなのですが、彼らは完全に計算と数字の世界の住人なんです。すべてをミクロ経済学で判断しようとする。サンデル教授の有名なたとえ話に出てくる路面電車の話があるじゃないですか。自分が運転手だとして5人を轢くか1人を轢くかという究極の選択の話です。標準的な功利主義的では5人を轢くより1人となるかも知れませんが、シカゴ学派の発想だと総コストで判断する。ある5人の生産性より、1人の生産性の方が高ければ、5人を轢いてしまえと。

ここまでラディカルなケースは稀ではあるんですが、根本的に道徳や善悪には個人差があるので、ひとつの公平かつ客観的なものさしとして数字を使おう、というのがシカゴ学派のスタンスなんです。彼らにとってすれば、感情もコストにカウントして計算できると考えるんですね。繰り返しになりますが、ここでは非常に簡略化して話していますので参考程度にしてください。

――とても分かりやすいです。ターニャの行動原理はここにあるということですね。

カルロ:シカゴ学派の信徒で、この原理に当てはめて行動しています、というところがはじまりですね。

引用 カルロ・ゼンインタビュー(下線は筆者) 

 このように、人間の感情でさえもコストにカウントして計算するという徹底した合理主義こそがターニャの思想の根底にあるのだ。

だから、ターニャが部下のためになるような行動をとったとしても、その行動は、彼女が部下思いなわけではなく、あくまで自らのキャリアのために計算した結果なのだ。

それゆえ、

幼女の皮をかぶった化け物

というエーリッヒ・フォン・レルゲンのターニャに対する評価は、まさしく言い得て妙であるといえるだろう。

ターニャのゲス顔が堪能できるブラックEDテーマ

Amazonリンク TVアニメ「 幼女戦記 」エンディングテーマ「 Los! Los! Los! 」

最後に、エンディングテーマ「Los! Los! Los!」は、ブラックな歌詞が素晴らしすぎるので、ぜひ聴いてほしい。

やはり、元エリート・サラリーマンのターニャにとって、どこまでも職務に忠実であるべき軍は、ブラック企業の思想に通じるものがあり、親和性があるのだろう。

最近、ブラック企業という言葉がよく叫ばれているが、20世紀初頭の軍組織こそが究極のブラックだったということがよくわかる歌詞だ。

しかも、ターニャを演じている声優は、なんと「魔法少女まどか☆マギカ」の主人公まどかの悠木碧(ゆうき あおい)だ!

まどか☆マギカでは、慈悲にあふれる神の役まで演じた悠木碧が、神を罵りまくるターニャのゲス声を演じきる姿は、ある意味、衝撃的といえるだろう。

また、このエンディングテーマは、ターニャのゲス顔集としても楽しむことができる。

ルガーをもった軍服姿の幼女は一見の価値ありだ。

【まとめ】「幼女戦記」は全世界で唯一日本が作れる?

最後に、「幼女戦記」という作品の凄さをひと言でいえば、

全世界で唯一日本でしか作ることの出来ないぶブッ飛んだ作品

といえるだろう。

実際、

社畜のおっさんが幼女に生まれ変わって戦争しまくる

などという発想が、日本以外のどこの国から出てくるだろうか?

中国人がどんなに金をつぎ込んで人海戦術で作品を量産したとしても、中国人にこのような作品は作れないのは言うまでもなく、ヨーロッパ人でさえも、このようなブッ飛んだ発想は夢想さえできないだろう。

ひょっとすると、アメリカのひきこもり作家、ヘンリー・ダーガー(*注1)なら、「幼女戦記」の発想に到達しえたかもしれない。


(*注1)ヘンリー・ダーガー

19歳の頃から約60年間もの長きにわたって、誰にも知られることなく、作品「非現実の王国で」を書き続けたアメリカのぼっち作家である。

ダーガーは、重度のコミュ障で、話相手の顔を見ることもできず、誰かに話しかけられると、天気の話題をぼそぼそと呟いて、逃げるように立ち去ったという。

そんな彼が60年もの長きにわたり、書き続けた中二病の集大成とも言える作品が「非現実の王国で」だ。

正式なタイトルは『非現実の王国として知られる地における、ヴィヴィアン・ガールズの物語、子供奴隷の反乱に起因するグランデコ・アンジェリニアン戦争の嵐の物語』である。タイトルもクソ長いが、内容も1万5,000ページ以上もあり、「世界一長い長編小説」として知られている。

物語の内容は、『グランデリニア』とよばれる、子供奴隷制を持つ軍事国家と、『アビエニア』とよばれるカトリック国家との戦争において、7人の戦闘少女ヴィヴィアン・ガールズの戦いの物語だ。

今から100年以上も前に、ガルパンの元祖ともいえる戦闘少女達の物語を生み出したのは、さすがはアウトサイダー・アートの巨匠にして、天才ひきこもりぼっち作家といえるだろう。

だが、中身が社畜のオッサン幼女が軍服を着て戦うという「幼女戦記」の神設定は、ヘンリー・ダーガーを生んだアメリカではなく、日本から登場した。

このように、時代の先を行く斬新な作品は、つねに我らがオタク・カルチャーの最先端から出てくるのだ!

このように、「幼女戦記」は、日本だからこそ味わえる最先端の作品なのだ。

また、将来AIのテクノロジーが高度に発達して、「幼女戦記」以前に執筆された全世界の作品を収集・分析し尽くしたとしても、「幼女戦記」のような作品を生み出すことは決してできないだろう。

AIでさえも予測不可能な作品

これこそが「幼女戦記」の凄さなのだ!

我々は、世界に類を見ない、AIでさえも予測不可能な素晴らしい原作を生み出したカルロ・ゼン氏と、カルロ・ゼン氏の才能を見出し、ハイクオリティなアニメ化まで実現した日本のオタク・カルチャーに感謝しようではないか!!

それでは、諸君!!

究極の「オッサン幼女」を生み出したカルロ・ゼン閣下に敬礼っ!!

というわけで、現在、社畜エリートとして日々働いているキミたちも生まれ変わったら、来世はターニャのようなキュートな帝国幼女軍人になって全世界の戦場で活躍する日々を妄想しつつ、充実したオタクライフを存分に満喫してほしい!

オタクパパより愛を込めて!

スポンサーリンク(Sponsored link)
スポンサーリンク(Sponsored link)

シェアする(SHARE)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする(FOLLOW)